NOTE

日々、思うこと。記憶と記録。音楽、映画、芸能、日常生活などありとあらゆることに関して。思いのままに。ごく個人的に。
、、、と思っていたけど、最近はほぼドラムの事ばっかり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PARIS,TEXAS

とりあえず忘れないうちに感想をばをば。
自分なりに色々と詮索しながら(してしまいながら)見たけど、結局、自分の中で一つの結論みたいなものはなく、漠然と見ました。見方によって色んな風に捉える事ができるような気がする。
トラヴィスとジェーンのマジックミラー越しの会話っていうのは印象的なシーン。
中盤のトラヴィスとハンターの再会から仲良くなっていくまでの過程は心が温まった。ええ感じです。

全てを理解したかといえば難しいけど映画の持つ流れる空気感とか雰囲気は好き。多分、初めて聴いたけどライ・クーダーの音楽も合っていて良い感じ。いい映画。
| 映画 | 03:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
カノン

前々からずっと観ようと思っていた映画。正しいとか正しくないとかの判断って微妙なもんだなーと思うことがあったりして、この映画も少しそういうようなところがあると思う。自分のいわゆる常識的な判断ってなんとなく培ってきたものだと思うし。この映画の主題がそういうところにあるかどうかは別としてなんとなくそういうことを思ってしまった。主人公の中年の愚痴っぽくて被害妄想が強いところとかは見ていてもあまり気持ちの良いものではないし、だいぶ思い詰めてる感じで、その先にあったのが自分の娘って感じだけど、その娘への愛情っていうのもだいぶ偏執的なところもあってていう感じで。。なんなんだろ、決してこの男は不真面目とかそういうのじゃなくて、この男なりに誠実に生きようみたいな印象は受けたけど、世間との微妙なズレみたいのがあってどうも上手くいっていない感が傍目にはあるっていう。まあなにかと考えてしまう映画。これまた少なくとも楽しくはならない映画(笑)。
| 映画 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブラウン・バニー

監督・主演がヴィンセント・ギャロってこともあって淡々とした物語の進み方は「バッファロー’66」に通じるものがあるな〜と思った。こっちの方がより言葉も少ないし、何の説明もないのでどんな話なのか予備知識もないまま見たために最初の方は分からない感じで映画的には正直ちょっと退屈だった。といいつつ主人公の男には少なからず共感というか分かるような気がした。多分そう思ったのは自分と照らし合わせて見たからだと思う。とても自己中心的な映画であり個人的な映画。かな?観て楽しくなるというような映画ではない。でもやっぱりこの手の映画はついつい観ようと思ってしまうんだな、これが。イタイ!
| 映画 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ